薄毛になりたくない!

薄毛のメカニズム、なんで薄毛になるの?

薄毛で悩んでいる男性はたくさんいます。そもそも、薄毛というものはなぜなるのでしょうか。薄毛になる仕組みがわかれば、その対処方法も変わってくると思います。

薄毛には、いろいろな種類の薄毛があります。種類ごとに対処方法が違ってきますので、自分がどのうす毛のタイプなのかをまずは知ることが大切です。

遺伝

男性の場合は、うす毛のほとんどが遺伝によるものだと言われています。確かに遺伝による薄毛はありますが、極端なものではんなく、ほかの人より少し髪の毛が薄いということです。遺伝以外による要因の方が、深刻な薄毛になる要因ではないでしょうか。

頭皮

帽子をかぶりすぎると薄毛になりやすい、ということをよく耳にしますが、確かにヘルメットや帽子をかぶりすぎると、その時の髪の毛や頭皮の栄養状態などでは、薄毛になります。

ホルモン

毛深い人は薄毛になりやすいと言われますが、薄毛と毛深さはあまり関係ありません。髪の毛は女性ホルモンによるもので、胸毛は男性ホルモンによるものです。

ただ、胸毛が濃くて男性ホルモンが多い人でも、髪の毛に影響する女性ホルモンも多い人はいます。薄毛になる原因としては、頭皮に過剰に皮脂が分泌されることが原因で、薄毛になる場合があります。

栄養障害

食生活の乱れや過度のダイエットなど栄養障害で脱毛になる人もいます。ガンなどの投薬の副作用により薄毛になる人もいます。

ページ案内